ホーム » キャッシング » 銀行でのキャッシングの意味について

銀行でのキャッシングの意味について

消費者金融会社や、銀行から借り入れができるキャッシングは、たくさんの人が活用しているといいます。

 

手持ちの資金が底をついた時に、大きなお金がいるという事態になることがあります。

 

親戚や友人から個人的にお金を借りたり、支払いを先延ばしにするというやり方もありますが、

 

望ましい手段ではありません。

 

身近な人に手数をかけさせずに、その場を丸く収めたいならば、キャッシングサービスを使うことです。

 

キャッシングとは、金融機関から、個人を対象にして担保や保証人なしでお金を貸してもらえるものです。

 

この頃は、銀行やコンビニのATMから借入金を引き出せるものが、キャッシングだと思っている人もいます。

 

カードローン、フリーローンなど様々なキャッシングがあり、

 

中にはクレジットカードにもキャッシング機能がつくものがあります。

 

GF193_L

 

 

銀行は対象外

 

金融会社といっても、銀行と、消費者金融会社、信販会社などでは、

 

同じキャッシングサービスでも内容が大きく違うことがあります。

 

貸金業に関する法律が見直されたために、一度に貸すことができる金額とは、

 

年収の1/3以下にするよう定められています。

 

そのため、専業主婦はお金がありませんので、返済も困難になります。

 

しかし、銀行な金融機関は総量規制の対象に入ってないため、専業主婦でも安心して利用できるでしょう。

 

できるだけ早く現金を用意したいという時に、すぐに使えるキャッシングは、とても嬉しいものといえるでしょう。

 

この記事に関連する記事一覧

サーチ
テーマ
最近の投稿
過去の記事